メニュー

婚約指輪なしでプロポーズをする方におすすめのギフト

一生の中で稀有なイベントであるプロポーズ。「プロポーズで婚約指輪は必ずあげないといけないのだろうか?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際のところ、約4割のカップルは婚約指輪を用意せずプロポーズを行っているようです。

そこで今回は婚約指輪なしでプロポーズをしようとお考えの方のために、婚約指輪なしのプロポーズをした理由に注目し、婚約指輪の代わりに喜んでもらえるプレゼントをご紹介いたします。

婚約指輪なしでプロポーズをする方

婚約指輪なしでプロポーズする人が増えている

「プロポーズ」といえば、キラキラ光るダイヤモンドの婚約指輪をイメージする方も多いかもしれません。しかし、実際にプロポーズをされた方の話を聞くと、4割ほどのカップルが「婚約指輪はもらわなかった」と答えています。[注1]
そこには経済面などの理由が隠れている様子。下記で婚約指輪を用意しなかった主な理由をまとめました。

[注1]指輪なしプロポーズ、本当は少しガッカリ? 未婚女性の理想と既婚女性のホンネを大調査!|マイナビウエディング

https://wedding.mynavi.jp/ring/contents/column/propose/2016/12/entry_47038/

プロポーズに婚約指輪を用意しなかった主な理由

プロポーズで婚約指輪をもらわなかった理由の中で、特によく聞かれるものをご紹介します。

  • *お金がもったいない
  • *相手が買わなかった
  • *自分の気に入った指輪がほしい
  • *指輪に興味がない
  • *結婚指輪があればよい

ご覧になるとお分かりになるように、とても現実的な理由なのです。
たしかに、これからの結婚生活を考えると、ロマンティックなことばかり言っていられない!という気持ちも分かります。また、貴金属に興味をもたない相手なら、「指輪にお金を使うよりもっと合理的な使い道があるでしょ?」となっても不自然ではありませんよね。

「婚約指輪は別にいらない」という女性の心理には、「婚約指輪にお金を使うよりも思い出に残る旅行がしたい」「好みじゃない指輪をもらうよりも、一緒に行って好きな指輪を選びたい」「結婚式にお金をかけたい」そんな気持ちが隠されているのかもしれません。

ただ、気になるのは、「相手がくれなかった」という答え。特に期待をしていなかった女性もいるでしょうが、不満を抱いている女性も含まれているかもしれませんね。
結婚を前にしてのすれ違いはできるだけ避けたいものです。下記ではそんなすれ違いを防ぐアイディアをご紹介します。

指輪はなくてもプレゼントは用意する

婚約指輪なしでプロポーズを行う予定なら、十分に喜んでもらえる代わりのプロポーズについて一度考えてみましょう。

婚約指輪を贈るというのは、あなたがどんな想いや覚悟をもってプロポーズするのかを指輪に託すプロポーズ方法のひとつ。しかし、プロポーズをする上で最も大切なのは「想いが相手にきちんと伝わるかどうか」。何か代わりとなるプレゼントを贈って伝えるという手もあります。普段は贈らないようなプレゼントを選べば、心に残るプロポーズになるでしょう。

なかでも花束は華やかですし、見た目のインパクトが大きいので非常に喜ばれるプレゼントのひとつです。たとえば、12本のバラは「ダーズンローズ」と言われ、愛情、情熱、希望など様々な意味が含まれており、昔のヨーロッパではプロポーズに用いられていました。

バラノ約束

また、種類によっては愛情を意味する花言葉をもつものがありますので、それらを上手に織り交ぜて、相手に対する深い愛を伝えるのもいいでしょう。
長期的に花を保存できるプリザーブドフラワーやドライフラワー、最近流行のハーバリウムなど、ふたりの思い出に残るように加工したものを選ぶのも手ですね。

覚悟、決意、想いを込めたプロポーズに花を添えよう

プロポーズには婚約指輪が必要というわけではありません。本当に必要なのは覚悟、決意、相手への想いです。そこに可愛らしい花束を添えることで、ふたりにとって一番大切な日に少しのエッセンスを加えてみてはいかがでしょうか。
指輪の代わりにフレッシュな花々がふたりの幸せを彩ってくれるはずです。

ページ上部へ
ページ上部へ