バラのクリスマスギフト

「今年のクリスマスプレゼントは何にしよう」

毎年、この時期は多くの人がプレゼント選びに迷われますよね。恋人と初めてのクリスマスの人も、2回目のクリスマス、3回目のクリスマスの人も、クリスマスの日に思うのは、「彼女を最高の笑顔にしたい!」「奥さんに日頃の感謝の気持ちをクリスマスだからこそ伝えたい!」「二人で特別な想い出の日にしたい!」ということではないでしょうか。そんな思いを叶えるのに、バラのギフトというのはとてもぴったりなのです。

そもそも、クリスマスとは?

クリスマス(Christmas)とは、イエス・キリストの降誕祭でキリスト教の宗教的な行事です。古代ローマでは冬至にあたる12月25日に「収穫祭」や「太陽神の生誕祭」が行われていて、「生命を取り戻す日」として祭られていました。この起源から今日にいたるまで、クリスマスは家族や恋人など大切な人と幸せを祝う日、のようなイベントに変わっていきました。

クリスマスにバラのギフトが最適な理由とは?

年に1度、皆に訪れる冬の一大イベント・クリスマスは、恋人・夫婦・家族など、自分にとって大切な人と過ごす特別な日。そんな日に、愛する気持ちや感謝の気持ちを、真っ赤なバラにのせて伝えるのは、とてもロマンティックなプレゼントです。それは、赤い薔薇の花言葉に理由があります。

バラの花言葉をご存知ですか?

バラの花言葉は「愛情」です。さらに赤いバラの花言葉は「あなたを愛しています」と言います。そして1本のバラには「一目惚れ」「あなたしかいない」という意味もあります。

バラのギフトの種類(生花)

一言でバラのギフトといっても、今は様々な種類があります。一番ポピュラーなバラは、「生花」本物の生のお花ですね。こちらは街のお花屋さんで手軽に買える点がちょっとしたギフトに重宝されます

バラのギフトの種類(プリザーブドフラワー)

次に「プリザーブドフラワー」という種類のバラがあります。こちらはご存知の方も多くなってきれいるのではないかと思いますが、元々生のバラを特殊加工して色素や水分を一度抜き、再度色を加えることで数年保つことができるバラのことです。元々は生の本物のお花なので、柔らかな手触りや、着色することで鮮やかな発色などが特長です。乾燥・日光や埃りなど周囲環境で劣化していくため、賞味期限(バラを綺麗に見られる期限)は2年~3年が一般的です。

バラのギフトの種類(アートフラワー)

最後に「アートフラワー」という、近年注目されているお花です。こちらはいわゆる「創られた花(造花)」ですが、アートフラワーと言われているものは、その品質が高い造花のことを言います。布やポリエステル等で出来ているため、耐久性に優れています。アートフラワーのバラギフトの特長は、ずっと枯れず永遠に残ること、さらにその耐久性からデザインの自由度が挙げられます。

アートフラワーのバラギフトの特長

当店のバラのギフトのように、アートフラワーで作られたバラのギフトは、薔薇の花びらに刺繍でメッセージや名前を印字したり、サプライズの仕掛け(ギミック)を施して、単なるバラではない「世界に1つのサプライズなバラのギフト」にすることが出来ます。

バラのギフトはどこで買う?

クリスマスにバラのギフトを選ぶとき、「どこで買えばいいの?」と悩みますよね。特にお花に慣れていない男性は、お花ってどうやって買ったらよいかもわからないと思います。バラのギフトの購入方法としては、

ヽ垢里花屋さん(実店舗)

通販のお花屋さん(ネット通販)

が挙げられます。それぞれメリットデメリットを見てみましょう。

ヽ垢里花屋さんのメリットは、何と言っても実店舗なので、その場ですぐに購入できる点ですね。また、その日に仕入れた新鮮な生花のバラを取り扱っているので、新鮮な生花が豊富という点が大きなメリットです。デメリットは、営業時間が決まっていること。「仕事帰りにお花を買って帰りたい」と思っていても、19時過ぎには閉まっているお店が多いのが実店舗です。いつでも気軽に買える、という事が出来ません。また、プリザーブドフラワーやアートフラワーの品揃えがあまりない点もデメリットと言えるでしょう。

△離ぅ鵐拭璽優奪板免療后こちらのメリットは、ネットなので基本的に24時間ショップを閲覧することができます。お仕事帰りや深夜ベッドの中で・・・など、自分のペースでゆっくりじっくり商品を選ぶことが出来るのが最大のメリットです。またネットの通販ショップでも生花のお店ももちろんありますが、やはり多いのはプリザーブドフラワーギフト店やアートフラワーギフトを扱うフラワーショップです。そこでは専門店であることが高いので、薔薇の種類の特長を活かした沢山のフラワーギフトの中から選べることもメリットです。

クリスマスプレゼントの準備はいつから?

生花のバラを購入する場合、花持ちと呼ばれる「生花の賞味期限」(綺麗に咲き続ける期限)があります。通常バラですと5日~7日ほどの花持ちとなります。そのため購入は、クリスマスプレゼントを渡す日の直前が良いでしょう。いつ渡すか分からないという人には、生花のギフトはあまりおすすめ出来ません。プリザーブドフラワーやアートフラワーのバラギフトは、生花のように賞味期限が短くないので、クリスマスまで十分に余裕を持って検討・購入することが出来ます。また渡す当日までの保管等にも注意する必要が無い点も嬉しいところです。但しプリザーブドフラワーは素材が繊細なため少しの衝撃で傷ついたり壊れてしまったりすることがありますので取り扱いには注意が必要です。そういった理由からも、バラにのせて気持ちを伝え・取り扱いも簡単なアートフラワーのギフトがオススメです。

当店はアートフラワー専門のフラワーギフトです。オリジナルの赤いバラに、お一人お一人名前やメッセージを刻み、「世界に一つのバラのギフト」を完成させることが出来ます。ぜひ今年のクリスマスに、愛する人へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。


全8件

ページ上部へ
ページ上部へ